スポーツの種目を意識した筋肉とビルドマッスルHMB

スポーツ別に意識した筋肉をつけるにはビルドマッスルHMBがおすすめ

スポーツ競技において筋肉の作り方は重要なポイントとなります。
がむしゃらになって筋肉をつけるだけでは、意味がありません。
例えばボリービルダーのような筋肉をつけて、水泳競技をする選手、マラソンといった長距離を走る選手は見たことないと思います。
さらに固い筋肉、柔らかい筋肉、持久性をもった筋肉や瞬発力をもった筋肉と、筋肉の内容によっても鍛え方が異なります。
従いまして、筋肉の作り方のポイントは、まずは自分がスポーツをする上でその競技に必要な筋肉が何かを考えて、トレーニングプランを行い、加えて食事面でも気をつけていく必要があります。
ここで私の筋肉の作り方の例を紹介します。
水泳競技を大学まで実施していました。水泳で必要な筋肉は瞬発系と持久性をもったもの、そして柔らかいものをつける必要があります。
瞬発系が必要な理由としては、飛び込み、ターンといった瞬時に爆発的な足の蹴りが必要となるためです。加えて持久性の筋肉については、水泳は全身運動を必要とする競技であり、疲労で乳酸が溜まりやすい状況となりますが、それを乳酸が溜まってもすぐに回復できる力や、乳酸が溜まりにくくするために持久性の筋肉が必要となります。
加え、やわらかい筋肉については、水泳選手は関節の柔軟性を必要とします。これは体の関節の可動域が大きければ大きいほど、水中でのキックや手のかきが大きくなり、スピードをつけて泳ぐことができます。この関節の柔らかさをサポートする筋肉がなければなりません。筋繊維が柔らかいと関節も伸びやすくなりますので、やわらかい筋肉が必要隣ます。従いまして、筋肉を鍛えつつも、柔軟やストレッチといったものを取り入れ、柔らかい筋肉をつくっていく必要があります。
一方、筋肉を作る上での食事について紹介しますと、基本的な食事はタンパク源をいかに効率よく摂取するかがポイントになります。
肉類であれば、鶏肉といった脂肪分の少ないものを摂取することに心がけましょう。鶏肉も鳥の皮には脂肪分が含まれていますので、できる限り、皮は取ってください。鳥料理としては、私は棒棒鶏を作って食べていました。ただ毎回棒棒鶏では飽きてしまいますので、その場合はオーブンレンジで焦げ目をつけ、わさび醤油で食べるなど、色々と工夫をしていました。そして、動物性のタンパク質を摂取するものを補う形でプロテインを摂取してください。プロテインは牛乳や豆乳、抹茶などをシェイクして飲むと、味のバラエティも楽しめます。
ただプロテインを飲みすぎてしまうと、筋肉がつきすぎる場合や逆に脂肪分が蓄積される可能性もありますので、あくまで補助的なものとして摂取をしましょう。そして筋繊維を回復させるためにアミノ酸をしっかりとりましょう。最近ではアミノ酸自体をそのまま摂取できるサプリメントもありますので、適宜アミノ酸を取り、筋繊維を強くして筋肉を太くしていきましょう。
以上、筋肉の作り方のポイントを紹介しました。

ビルドマッスルHMBはスポーツごとに必要な筋肉も付ける事が出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です