筋トレをするのに良い方法はビルドマッスルHMBを取り入れること

筋トレの効果をアップさせるビルドマッスルHMB

筋トレをする時に誤ってやりがちなのが、無駄に回数を増やすことです。実は、無駄に回数を増やすことで疲労が蓄積して日常生活に支障をきたします。さらに怪我が増えるなどのリスクが高まります。一番危険なのは、ダンベルなどで無理しすぎて失神してしまうことです。死の危険性まであります。
では、どうすれば良いのでしょうか?

筋トレで大事なことは実は、回数ではありません。場合によっては10回でも良いのです。
大事なことは、ゆっくりと丁寧に鍛える筋肉を意識して行うのです。さらにイメージトレーニングをかねて、鍛えている筋肉に筋力がついてムキムキになっているイメージを行うと良いでしょう。そうすれば、少ない回数でその通りになっていきます。

ビルドマッスルHMBを取り入れる事で筋トレの効果だって上げる事ができるのです。

筋トレを続けていくことで飽きがきたり、疲労でやりたくないときがあります。実はこの先のやり方で、人によって見解が異なります。
ある人は、「筋トレをすることで筋肉が傷つく。適度に休ませることで傷ついた筋肉が回復しようとして、その結果筋肉が太くなる。そのため適度に休みを入れた方が良い」、もしくは「常に継続して筋トレをすることで、その分筋力がつくし、継続している分自分に自信をもてる」という意見があります。
どちらも正しいと言えるでしょう。
一番良いのは、違う箇所を鍛えながら適度に休みを入れて筋トレをするのが良いと自分は思います。
やはり、10回と言えども毎日行うのはきついですし、体調の悪いときに行っても逆に効果はありません。さらに飽きが来ます。
そこで、月曜日は腕立て伏せ、火曜日は腹筋、水曜日は休み、木曜日は背筋力を鍛えるトレーニング、金曜日はヒンズースクワット、土曜日は、鉄アレイを用いて腕力を鍛える、日曜日は休みなど、ローテーションで筋トレを行っていきます。
最初からいきなり限界まで追い込むのではなくて、10回をめどにゆっくりと丁寧に行っていきます。続けていって「余裕だ」と感じたらそこで、15回など回数を増やしていきます。このようにしていけば飽きることがないですし、疲労もたまることはありません。順番をこだわらずにたまには腕立て伏せを二日続けて行っても良いです。ある程度自由にすることで、ストレスも減ります。
そして、呼吸まで意識して行うのが良いですが意外と難しいです。「一、二、三」と筋トレをしながら回数を声に出して言えば、それにあわせて息を吐いたり、吸ったりしているので丁度良いです。

上記のように筋トレをするとストレスなく効率よく筋トレが出来ます。

ビルドマッスルHMBは積極的に取り入れていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です